検索


Recently Entry


©
2005 / 4 / 7

ホンネを大事にしている理由


先日、「大事にしている理由は・・・・、また、後で書きます。」と書きましたが、ここでその理由を書こうと思います。

話は、1年前の3月にさかのぼります。僕はその頃、中2の3学期でした。いちおう部活もやっていたんですが、やめたくて仕方ありませんでした。
それで、親と話したんですけど結局許してもらえなくて、それまでどおりいやいや部活に行ってたんですけど、ある日ラジオを聞いていると、特番が始まったんです。「ホンネできやがれ」(だったかな?)っていう名前の番組で、パーソナリティはやまだひさしさんでした。電話でやまちゃんとも話して、部活はやめずに続けることができました。やまちゃんと話すのも初めてだったんですけど、ラジオに出るのも初めてだったけど意外に「ホンネ」で話すことができた思います。
そのとき、“「ホンネ」って大事だな”と思いました。

「ホンネ」で話せていなかったら、部活をやめていたかもしれないし、なにより心の中の「もやもや」というかなんというか“書き表しにくいもの”が少しでもなくなることはなかったと思います。
実際、部活に行きたくないという気持ちがなくなったわけではありませんが、自分の気持ちをホンネで話すと意外に“簡単に「やめたい」と思っていた”ということが分かってよかったです。
(なぜ、「部活に行きたくないという気持ちがなくならなかった」かといえば、僕が別に入りたくもなかった部活に入ってしまったからです。)

それから、「中学生 akkie のホンネ」(以前書いていたブログ)というブログを書き始めました。名前に、「ホンネ」という文字を入れたのは、やっぱり「ホンネ」を大事にしたいと思ったからです。
この気持ちは今も変わっていません。
そしてこれからも・・・・。

僕は、これからも「ホンネ」を大事にします。


えっ、あいつが!?と思われた方がいるかもしれません。
あの番組で「部活をやめたい」って話してたのが僕です。
それと、あの番組「録音」だったのにな。
(この意味が分かる人は、真剣に聞いていた方です。僕が保証します。@^▽^@)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です