検索


Recently Entry


©
2009 / 7 / 24

アホらしくなってきた


東海地方は、まだ梅雨もあけず、蒸し暑い日が続いています。
朝、雨が降ってると傘をさしていってもズボンが濡れて、勉強する気が起きません。というか、雨降ってなくても、勉強する気ないな・・・。

僕は、いまだに大学の寮で生活してるんですが、最近、寮で生活している人の名簿を見て、ほんとにアホらしくなっちゃいました。

寮には、荷物が来た時や電話がかかってきた時に、放送でその人を呼ぶために、学部・学年・氏名などが書かれた名簿が置いてあるんです。
で、最近、たまたまそれを見る機会があったんで、今どれぐらいの人が寮で生活してるのかなと思って、人数を数えてみたんです。全員分は数が多すぎたので、僕と同じ学年の人の数を数えてみたんですが、去年の4月に寮に入った人の半分しかいませんでした。

寮なんて、3日で出ていく人もいたし、その後も出て行った人は知ってたけど、まさか半分が出て行ってたなんて・・・。ちなみに、半分っていうのは30人ぐらいです。
まあ、聞いた話では、1年生で入って4年生の初めには20人ぐらいは出て行ってるらしいんで、そんなぐらいかなと思ってたんですが、1年と2,3カ月で30人も出て行ってるとは思いませんでした。
特別な理由としては、1つ思い浮かぶことがあるんですが、それにしても多いなという感じです。

で、僕は一人暮らしをするお金がない(らしい)ので、寮で生活してるんですが、親とかによく聞かれるわけですよ。

「寮は楽しいか」とかって。

今までは、どういうふうに答えたって、お金がないんだから寮を出れるわけでもないし、と思って「まあまあ」とかそんな返事をしてたんです。そもそも、僕があんまり話をする人じゃないんで、「寮なんで最悪」とか「寮を出たい」なんて言うことはありませんでした。

でも、同じ学年の人が半分も出て行ったっていうことを知ってから、ホントの気持ちを言ってこなかった自分がアホらしくなってきたんです。
上にも書いたとおり、僕は人とあんまり話をする人じゃないし、親だって頑張って働いてお金をもらってるし、まだ大学生の身で「寮なんて最悪」って親に言うのはどうかと思うし、だいだいこの100年に1度の不況とか言われてるこの時代に大学に行かせてもらえてるだけでも幸せなんだろうし、それに、それに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう思って、親には僕のホントの気持ちを言ってきませんでした。
そりゃあ、親に言ってやりたいと思ったことだってありました。二人部屋のストレスがたまったときとか、寮の面倒な行事に参加させられたときとか・・・。
でも、まあ、直接目の前にすると、ホントの気持ちは言わないほうがいいのかなと思ったりして、言ってこなかったんです。

でも、もうそんなのもアホらしくなっちゃった。
半分の人が出て行ったのに、自分だけホントの気持ちを隠してるなんて、もう限界。

夏休みに帰った時に言おうかなと思ってます。
メールとか電話とか、ただこのことを言うためだけにするのは面倒すぎるし。

いや、わかってるんですよ。寮を出れないのは。僕の家にそんなお金はありませんから。
かと言って、この後寮で生活してても「楽しい」なんて思うことはほとんどないと思います。でも、しょうがないです。

ホントの気持ち言ったらどんな反応するかな。
楽しみではないけど、でも伝えないともう限界だし。

こんな生活してると、もし子どもができたらぜっだいこんな生活はさせたくないと思います。
子は親に似るっていうけど、これは似てほしくないな。って言ってても似るものは似るのかな。

ブログに書いてみたらちょっとだけスッキリした。

荒んだ生活はあと2年以上 つづく。

Categories:  今の気持ち
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です