検索


Recently Entry


©
2017 / 5 / 5

PHP7で動くWordPress開発環境をDockerでつくる


このGWのあいだはずっとプログラムをかいてました。
少し前から作りたかった、Annictというアニメ記録サイトのAPIをつかったものや、自社の勤怠関連のアプリをC#でかいたりしてました。

その中で、何年も放置していたこのブログもこれからはいろいろとアウトプットの場にしていきたいなという思いが強くなり、
テーマを変えてみることにしました。
その際、WordPressの開発環境をDockerでつくり、PHP7で動くようにしたので、その方法をかいておきます。

なにができるか

  • コマンド1発で開発環境を起動
  • 特別な操作をせずにコンテナを終了しても、データが保存される
  • WordPress関連のファイルをWindows上のエディタから編集でき、変更内容が即座に反映される
  • エクスプローラー上からGUIでファイルの追加、削除を行える

前提

下記の環境、ソフトウェアがそろっているものとします。

  • Windows 10
  • Docker Version 17.03.1-ce-win5 (10743)

やることは単純で、Docker Hubからイメージを落としてきて、セットアップするだけです。
イメージを落とすときに、PHP7が動くものを指定するように注意します。

Dockerイメージを取得

次のコマンドで、Dockerイメージを取得します。

# PHP7で動くWordPress開発用 Dockerイメージを取得
docker pull wordpress:4.7.4-php7.0-apache

# DB用 Dockerイメージを取得
docker pull mysql

docker-compose用ファイルを作成

dockerコマンドを直接入力する方法もありますが、面倒なので、docker-composeを使うことにします。

version: '2'
services:
  mysite_db_php7:
    image: mysql:5.7
    volumes:
      - "./db:/var/lib/mysql"
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: password
  mysite_php7:
    image: wordpress:4.7.4-php7.0-apache
    environment:
        WORDPRESS_DB_PASSWORD: password
        WORDPRESS_DB_USER: root
        WORDPRESS_DB_HOST: mysite_db_php7:3306
        WORDPRESS_DB_NAME: mysite_db_php7
    ports:
      - "8000:80"
    links:
      - mysite_db_php7
    volumes:
      - "./www:/var/www/html"

データ永続化、テーマ編集のため、DB、WordPressのデータは、上記のファイルを置いたフォルダ直下の次のフォルダ内に出力されます。

  • db : DBのデータ
  • www: WordPressのファイル

起動

準備は整ったので、次のコマンドを実行してDockerのコンテナを起動します。

docker-compose up -d

起動の確認とWordPressの初期設定

コンテナが正常に起動したら、次のURLにアクセスしてWordPressの初期設定ページが開くことを確認します。

http://localhost:8000/

ページが正常に表示されたら、環境構築は完了です。

 

起動しない場合は?

“Shared Drives”が設定済かどうか、または画面に表示されたエラーメッセージを確認してみてください。

Categories:  プログラミング
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です