検索


Recently Entry


©
2011 / 3 / 23

いま太陽光発電を増やすとどうなるのか


まず、これはただの学生が書いたので間違いがあるかもしれません。コメントでご指摘頂けるとありがたいです。

近年、地球温暖化、化石資源の枯渇が叫ばれ、自然エネルギー(風力、太陽光)を利用した発電の開発や普及が進んでいます。中でも太陽光発電は、家庭の屋根に設置されるほど身近なものになっています。
太陽のエネルギーは膨大で、発電時に二酸化炭素などの温室効果ガス及び環境汚染物質を排出せず、しかもほぼ無尽蔵で得ることができます。現状で家庭に普及している太陽光発電パネルは変換効率が10から20%ほどですが、さらなる変換効率の向上に向けて日々研究がなされています。

– Read More –

There are 0 comments on this post
Categories:  日記